東京都中野区の東中野駅周辺で脳梗塞にお悩みの方へ

東京都中野区の東中野駅周辺で脳梗塞にお悩みの方へ

どんな病気?

脳梗塞は頭蓋内の血管が詰まることで血液の流れが止まってしまい、脳に栄養や酸素が行き渡らなくなってしまう病気です。
血流が止まってしまうと脳細胞が死んでしまい、麻痺、目が見えなくなる、しびれるなどの症状を認めます。緊急性が非常に高い疾患です。

原因としては不整脈により心臓内で出来た血栓という血の塊が頭に飛んでしまうこともありますが、動脈硬化により脳の血管が狭くなっていくものが多くなっています。長年放っておいた高血圧、糖尿病、高コレステロール血症などといった生活習慣病がある年月をかけて進行し発症する病態です。

診断方法

CT,MRIなどの検査でつまった血管や血液がいかなくなってしまい壊死した脳細胞を観察することにより診断されます

治療方法

脳梗塞の種類や程度により治療方法は多様ですが、発症早期の場合は点滴やカテーテルによるつまった血管の再灌流を試みることもあります。

 

  • その他の生活習慣病の病気